協力会社でもあるSK工業(旦那さんの本業)の

とある現場の様子をご覧下さい(^-^; 

松田町のS様邸 解体現場

S  55517186 225x300 - SK工業 ~ 解体現場A3EFD2FC F9E1 4BC5 88C1 D22AFEEDE527 225x300 - SK工業 ~ 解体現場

こちらの屋根は珍しいステンレスの上に銅メッキされた波板 

建物は木造2階建て、築50年…くらいだったと思う(^-^;

解体の手順として、まずは2階の屋根から 

重機を入れて壊すのは2階を手毀ししてからです 

昔は重機を入れて何でもかんでもミンチにして産業廃棄物として

出していましたが、今はリサイクル法があるので分別をしないと

産業廃棄物として受け入れて貰えません 

ある程度2階の建物が無くなって

S  55517187 225x300 - SK工業 ~ 解体現場

はい!重機入りました  

壊している建物の奥に足場を組んでシートで囲われている

様子が窺えますね 

いわゆる防音シートと呼ばれている物です 

家の外壁や屋根の塗り替えの時にはメッシュシートがよく

使われていますね

但し、この防音シート曲者です(^-^; 

音を防ぐシートですが、音を防げません

物を周囲に飛散させない為にあると言って良いでしょう 

先日の火曜に大雨が降った時に何処かの工事現場の足場が

崩れた様子がニュースで流れていましたね(>_<) 

強風の時は危ないのです 

風でシートが煽られてしまうので、そのまま足場も一緒に

崩れてしまうのです 

写真でも分る様に1番上の部分にはシートがしてありませんよね 

風の通り道を作る為に外した後なんですよ 

 

 

私は解体現場に行く事はありませんが、

解体前に行く事はたま~にあります 

それは、残置物が多い場合ですね 特に女性の衣類の場合です 

この為に古物商の登録をしたと言っても良いくらいですからね 

1番多いのが着物の処分です 

ほとんど値が付く事は無いですが、普通に捨てるのも大変なので

一応査定に出します 

申し込みをすると専用の段ボールと着払い伝票が届き、

例え値段が付かずとも引き取って貰えるんですよ 

値段が付く着物といったら身長160cm以上の方に合わせて

作られた着物でしょう(とは言っても1~2万円ほどの値段です) 

昔の人は背が低いですからね

 

おまけ

8353 225x300 - SK工業 ~ 解体現場

100%天然毛皮ですけど・・・それは売ったらダメでしょう

福ちゃんには値段はありません!!!”(-“-)